愛されるより、愛したい

 佐々木正美先生に聞く

愛されるより、愛したい    〜フロムが語る愛〜

「人を愛したい」と思うより「人から愛されたい」と望む人が多いようです。子育てにおいても、子どもを愛したいという感情より、子どもが何かしてくれることを期待し、結局は自分が愛されたいという自己愛が強い親が増えていると聞きます。

愛するとは、どんな意味をもつ行為なのでしょうか。精神分析学者フロムが語る愛をもとに、愛すること、愛されることについて、精神科医の佐々木正美先生にお話を伺ってみました。

 

■自由はありすぎると自由ではなくなる

Q/フロムについて、伺えますか。

佐々木/ フロムはフロイトの弟子なんですが、かなりフロイトを批判した人です。でも、フロイトがいなかったらそれを越えるフロムという人も出てこなかったと言えますね。フロムは、人間のすばらしさを非常に具体的に文明的に考えた人です。自由からの逃走、つまり人間は自由を与えられすぎると、結局は自由を持て余してしまって実につまらない束縛の中に身を置いてしまう、ということを言った人なんです。

Q/具体的に身近な例をお話いただけますか。

佐々木/ 今は私たちは自由な時代に生きていますね。女子高校生が援助交際をしても、だれにも迷惑をかけていないから自由じゃないかと言って開き直って行動できる。ところが偏差値というものの不自由さから逃れられない。自由というのはありすぎると自由でなくなる。そういうことを実に細かく見つめた人ですね。フロムは。

日本は97%の人が高等教育を受けていますが、大変不自由な国なんですよ。なぜなら勉強をしたくない人もしなければならないからです。高等教育を受けていないと社会から認められなくなるので、仕方なく受けている人が出てきてしまう。豊かさは人を自由にしません。不自由なことも選択してしまうのです。

 

■現代社会は際限のない欲望を生んでいる

Q/フロムは、現代社会をどう見ていたのでしょうか。

佐々木/ フロムは現代社会を、「過剰と倦怠の時代」だと言いました。現代人は、生産量と消費量が多い社会を文化水準が高いと思っている。フロムは何十年も前に、それはとんでもないことだと指摘しました。現代人が環境汚染に気づいたのは、つい最近でしょう。とにかく次々と流行を作ってどんどん生産して消費しています。物と、それが欲しいという欲望をも生み出して。こういう消費文化に乗ってはいけない、とフロムは言っています。人間というのは溢れるばかりの自由な社会なのに受け身で生きている。受動的に生かされている。そしていつも貧しいと感じている。或いは不十分だと感じている。これだけ自由な生き方が選択できそうにみえる中で、マイペースで積極的に、自主的に主体的に生きているという人がどのくらいいるでしょうか。操られているのではないですか。受動的な人ほど、嫉妬、貧欲、無力感、劣等感に苦しむとフロムは言います。嫉妬というのはすぐ近くにいる人が対象になります。受け身の生き方をしている人は、お隣りの新居やお向かいの高級車、親戚の子どもの偏差値の高さが気になるのです。主体的に生きている人には関係ないと思えることがね。

 

■愛されることばかりに心を砕く現代人

Q/子育てでも受け身な親が多いと思われますか。

佐々木/現代人は受け身ですよ、受動的になりました。コマーシャルに操作され、見えない糸で操られる。ですから主体性がないんです。お隣りはお隣りなんです。貧しい時代にはこのことがはっきりしていた。今はどうですか。昔の母親は強かったですよ、堂々としていたと思いますね。子どもが「○○ちゃんが何々を買ってもらったから私も欲しい」なんて言ってきても、「よそはよそ、うちはうちです。そんなに○○ちゃん家がよければお母さんが頼んであげるから○○ちゃんの家の子になりなさい」と言ったものです。今ではオロオロしてしまってパートに出ても買ってあげちゃうでしょう。(笑) これがいけないんですよ。

「私は私」という生き方をすることが大切なんです。愛情によって何かを生み出す力が弱くなっている。愛されることばかりに心を砕いて。

Q/愛する、愛されるというと恋愛を連想しますが……。

佐々木/恋愛というのは人を愛する行為ではない。愛されたいという行為です。始終恋愛をくり返している人がいますが、愛情に溢れているのではないんですよ。愛されたいという欲求が強いからなんです。だから、愛に飢えている。それまであまり愛されてこなかった人なんです。その人個人の責任とか、個人的に悪いということを言っているのではありません。だけど愛する行為のある人は、やたらにあちこちの人を愛しませんよ、恋愛という形では。人を愛する行為というのは、人を傷つけることがとても悲しいわけです。ですから不倫や浮気、或いは次々と恋愛をするなんていうことはしません。基本的には愛というのはそういうものです。

Q/子育てではどんな例があるでしょうか。

佐々木/十分に愛されて育った人は、愛する力はあります。ところが愛されたいという欲望はそんなに大きくないのです。愛されることばかりに心を砕く人は、愛によって何かを生み出す力が弱い。現代人はそういう傾向が強いですね。フロムも詳細な分析で実証しています。相手の気持ちの中に愛を見出すというのは、愛情によってなされることです。親が子どもを愛することによって、子どもの中に愛の環境が育つ、ということです。親の欲望を子どもに向けているというのは愛ではないですから、子どもの中に愛情なんか育たない。家庭内暴力に耐えかねて、親が子どもを殺したという事件なんかも親は一生懸命育てていらしたんでしょうけれど、愛が育ってなかったんですね

 

記事の無断転用転載を禁じます。著作権は子育て協会、佐々木正美先生に所属しています。

Copyright(C) 2006 All right reserved 

Next (次へ)

 

 

 ▲上に戻る